加齢によって起こる抜け毛|女性育毛剤でケアを行おう

AGAに有効な内服薬とは

メディシン

薬の飲み方と効果

フィナステリドはAGA治療薬として名古屋の皮膚科、AGA治療病院、薄毛治療病院などで使用されていますが、近年ではフィナステリドに代わってザガーロという薬を処方する病院が増えています。フィナステリドとザガーロはどちらもAGA治療薬ですがザガーロのほうが効果が高いといわれています。AGAはジヒドロテストステロンという男性ホルモンが毛髪の成長を阻害したことが原因で発症する脱毛症です。ジヒドロテストステロンは体内の男性ホルモンと頭皮に存在している酵素から作られています。つまり酵素の生成を抑制すればAGAの発症を予防することができるのです。酵素には酵素1型と2型という型がありフィナステリドとは酵素1型のみに作用していました。ザガーロは酵素1型2型のどちらにも作用して生成を抑制することができるのでフィナステリドよりも高い効果があるのです。ザガーロはカプセルタイプの薬で0.1mgと0.5mgの種類があります。1日に1カプセルを時間帯に関係なく服用します。ただし24時間おきに服用するようにして薬と薬の時間の間隔があかないように、時間を決めておくと飲み忘れ防止になります。名古屋の病院では個人のAGAの症状にあわせて0.1か0.5mgのザガーロを処方しています。個人差はありますが0.5mgのザガーロを半年程度服用すれば脱毛症状が治まり発毛効果があらわれることが判明しています。名古屋を始め全国の病院で処方されていますが、ザガーロは健康保険の適用されず自己負担になります。名古屋の病院では1度の処方で30カプセル入りが出されますので医師の指示に従って飲むようにしましょう。未成年や女性は服用することが出来ませんので注意しましょう。