加齢によって起こる抜け毛|女性育毛剤でケアを行おう

男の人

毛母細胞の活性化

毛母細胞が劣化すると、髪は長く伸びなくなったり、抜けた後に再生しにくくなったりします。しかし成長因子やビタミン類を頭皮に注入するというHARG療法により、毛母細胞を活性化させることが可能となります。個々に最も適した成長因子が注入されるため、効果が出やすく、早ければ約3ヶ月で発毛が始まります。

メディシン

AGAに有効な内服薬とは

ザガーロはフィナステリドに代わるAGA治療薬として名古屋の病院で処方されています。AGAの原因である酵素の生成を阻害して脱毛を止め発毛効果があります。ザガーロを1日1カプセルを服用すれば個人差はありますが半年程度で効果があらわれてきます。

びまん性脱毛症に効く

鏡を見る人

有効成分の働き

女性は様々な理由から抜け毛が増えます。女性の薄毛で多いのが、「びまん性脱毛症」です。びまん性脱毛症は、加齢などが原因で起こりやすい薄毛です。男性に多い男性型脱毛症に合わせて、「女性男性型脱毛症」という場合もあります。びまん性脱毛症は、全体的に髪の毛にこしがなくなるのが特徴です。髪の毛が柔らかく、細くなります。トップがペシャンコになったり、地肌が目立ってきたりしたら、びまん性脱毛症のサインです。そうなってきたら、市販されている女性育毛剤でスカルプケアをするのがお勧めです。女性育毛剤は、女性のびまん性脱毛症に効く有効成分を配合しています。女性はもともと皮脂バリアが少なく乾燥しやすい人が多いですが、年をとるとますます悪化します。女性育毛剤には、ヒアルロン酸や海藻エキスなどが配合されていて、高い保湿効果があります。頭皮が潤えば自然に皮脂バリアも復活します。また、血行促進に効果がある有効成分も配合しています。びまん性脱毛症になる原因の一つが、血行不良です。加齢で女性ホルモンのバランスが乱れると、冷え性がひどくなります。冷え性が悪化すると、毛根に栄養が届かなくなり、びまん性脱毛症になります。女性は女性ホルモンの乱れの他に、ストレスなどからも血行不良になりがちです。血行促進成分を配合している女性育毛剤を頭皮に染み込ませれば、毛細血管が広がって血行が改善し、毛根の一つ一つにしっかり栄養が届きます。

育毛サイクル

薄毛の原因に合わせて選ぶ

髪の毛が薄くなったから育毛剤をと考えても、種類は豊富で購入するのに躊躇してしまうことでしょう。決して安い買い物ではありませんし、失敗すれば悪化することもあるので、自分に合ったものを選ぶことが大切です。タイプ別や成分など考えるべき部分は多いので、しっかり検討して購入するようにしましょう。